バストアップに効くプエラリア

プエラリアというのは、プエラリア ミリフィカ(PUERARIA MIRIFECA)という学名を持つ植物です。
この名前が日本人にはちょっと馴染みにくくて、プラエリアとかプレラリアとかプエラエラとか間違われていますが、正しくは「プエラリア」です。

 

この植物はタイ原産のマメ科の植物で、タイでは国が加工品以外の輸出を禁止する法律を敷いています。

 

というのは、プエラリアが希少性の高い植物だということもありますし、非常に類似した植物で毒性の高いものが混入したまま国外へ出ることを警戒してのこともあるでしょう。

 

現地の人でも判別が難しい毒性の類似植物が多いそうです。

 

このプエラリア、何がそんなにすごいのかと言うと、女性ホルモンと似たはたらきをするという点で、大豆イソフラボンの約40倍もの成分濃度を持っているということで話題になりました。摂取すると肌が白くなり、バストアップにもつながるというために豊胸のサプリメントとして注目されたわけですね。

 

その成分は、植物性エストロゲン・イソフラボンで、プエラリアの根の部分に大量に含まれていると言います。人間の女性ホルモンを活性化させるミロエステロールは大豆イソフラボンの約1,000倍、デオキシミロエステロールは約10,000倍も含まれているので、その効果には大きな期待が寄せられているのです。

 

肝心のバストアップは、効果があったという人、まったく無かったという人、体質に合わずに婦人科系に支障が出た人などさまざまです。特に飲み過ぎは問題になっていますので、ムキになって大量に飲むのはリスクがあることを知りましょう。