プエラリアミリフィカの摂取量

プエラリアミリフィカは1日どれだけの量を飲んでも良いのでしょうか。
プエラリアミリフィカの1日の摂取量の上限の目安は、100mg程度と言われています。

 

日本の場合はプエラリアの1日の摂取量の目安が明確に出ていない状態ですが
1日の摂取量は400mgを超えない程度が良いと言われているようです。

 

現状で販売されているプエラリアサプリメントは、
各社とも1粒あたりの含有量や1日あたりに飲む個数が決まっています。

 

もちろん、それより少ない量を摂取する分には良いのですが、規定量を超えて摂取を続けると、女性ホルモン過多になり、副作用のリスクが高まります。生理痛、生理不順、吐き気、頭痛、腹痛等の症状が起こる場合もあります。

 

女性のホルモンバランスは、とても微妙ですからプエラリアミリフィカが合わない場合、
正常だった生理周期が大幅に乱れてしまうなどのリスクがあります。

 

上限の100mgしか飲んでいなかったとしても、半分の50mg程度の量しか飲まなかったとしても、
その女性に強すぎれば生理周期が乱れたり副作用を起こすリスクがあります。

 

ですから、初めて飲む際には少量から初めて様子を見ながら進めていくのがお勧めです。

 

プエラリアミリフィカと同じような作用を持つ、「ブラックコホシュ」、「レッドクローバー」、「豆乳イソフラボン」等を同時接種するのも危険です。薬ではないため、自己判断で同時に摂取してしまう可能性もありますが、なるべく一緒に飲むことはおすすめしません。

 

1日の摂取量の上限の目安は、100mg程度なのに今売っているプエラリアサプリメントの多くは1粒に300mgとか400mgとか入っているのが人気になっているようです。これだと過剰摂取になってしまいそうな気がしますが、サプリメントで飲んでも、その成分が100%吸収されるわけではないので多めになっているのでしょう。ですので、一応メーカーが推奨する摂取量を守っていれば問題ないかと思います。

 

気になる方は推奨量より少なめに摂取するなどご自分で調整して飲むようにしてください。バストアップ効果をあせるばかりに過剰摂取はくれぐれもしないようにしましょう