マッサージでバストアップ

簡単なバストアップマッサージをご紹介しましょう。

 

前提として、胸そのものを揉んだりマッサージしたりするというよりは、胸の周りにある経絡などを刺激して、ホルモンの分泌を促したり整えたりすることが目的だと思ってくださいね。

 

始める時には身体が温まっていることが必要ですので、入浴中などが良いでしょう。
マッサージで良くないのは、冷たい手指で行うことです。

 

まして心臓の周りなわけですから、自分の手先までしっかり温めた状態で行ってくださいね。また、摩擦抵抗がないほうが良いので、ボディソープやシアバターなど指の滑りが良い状態ならベストです。

 

バストアップマッサージ方法
  • まず、上半身をまっすぐにして、指を揃えて鎖骨の中央へあて、そのままスッとあばら骨の下までさすります。左右の手で交代に5回ほど行います。
  • 次に、片方のバストを両手で包んで、下から持ち上げるようにさすり上げます。左右両方5回ほど行います。
  • 最後に、片方のバストを両手で包んで、外側へ向けて回転するようにさすります。身体の中心からわきの下側へ向ける方向ですね。くるくると5回転ずつ、両方のバストを行ってください。

 

これで1セットです。

 

力を入れないこと、バスト全体を大きくさすることを頭に置いて、1日3セットほど行うと良いでしょう。
リンパ節が刺激されて、婦人科系のトラブルを解消するはたらきもあります。

 

もう1つは、胸のすぐ上に手をあてて、くるくると小さく回転しながら大胸筋を刺激する方法もあります。
両手でバストを持って、下から上へ向かってトントンと叩くように刺激するのも効果的ですよ。